風呂敷

風呂敷の包み方

風呂敷の上下

風呂敷の上下左右 風呂敷には、ミシン目の辺とミミの辺があります。ミシン目が上下で、ミミの辺が左右にあたります。

また風呂敷は正方形ではありません。一寸(約3cm)くらい上下の方が長くなっています。正方形よりも斜めに引き合う力が生まれ伸縮作用が働くからです。

 

風呂敷のサイズ

風呂敷の中身の物は、風呂敷の対角線の3分の1くらいの大きさが、美しく包めるといわれています。中身に応じて、風呂敷の大きさを選ぶようにしましょう。

 

絵柄を見せて包むには

包みあがったときに、美しい絵柄を見せたい場合は、一番最初に柄が向こう側に来るように風呂敷を広げましょう。

 

風呂敷で四角い物を包む

1.風呂敷の中央に品物を置き、上の隅を箱にかぶせて包み込みます。
包む物が長方形のときは、風呂敷が長くあまっている方から包みます。
反対側も同様に包みます。

 

2.残りの両端を箱の上で結びます。
風呂敷の余った部分は内側に隠すと綺麗に包むことができます。

 

3.結び目や畳みじわを整えて、出来上がり!

 

ワインボトルを包む


風呂敷の中央にボトルを置きます。
対角線の両角を持ちボトルの上で、結びます。

 

残りの両隅をボトルに巻きつけるように 手前から後ろにもって行き、 後ろで交差させます。

 

そのまま、今度は両端を手前に持ってきて、 ボトルの正面で結びます。 結び目や畳みじわを きれいに整えて出来上がりです。

 

お弁当などを包む

斜めに広げた風呂敷の中央に 品物を置きます。

 

上下の隅を品物の上で 真結びにします。

 

残りの2つの隅を持って、 ねじります。

 

ねじった先を真結びにして、 もち手を作ります。
ここではギフトを包んだので、 コサージュを飾りました。

 

花やティッシュケースなどを包む

風呂敷の中央に
縦向きにしたティッシュボックスを置きます。

 

手前の二つの隅を持って、 風呂敷を箱の上にかぶせます。

 

手前の折り目の2つの隅を 真結びにします。

 

反対側も同じように結んで完成です。