香典返し 法事・法要返礼 ふくさギフト  ふくさは、香典返し、法事返礼、法要返礼の品として人気です。

motaiって?

東京・神宮前にある和布雑貨のお店です

和のデザインをグローバルに 発信する、和布専門の セレクトショップです。ショールームは完全予約制です。フリーダイアル0120-85-7255までお電話ください。

webサイトはこちら

webサイトはこんな感じです

http://www.hospitalityjapan.jp/

メディアに掲載されました

お客様の声

■飾り結びふくさセット: 到着の連絡をメールですべきか悩んでいたのですがそのままになってしまい申し訳ありません。この度は迅速で丁寧なお取引きをしていただきありがとうございました。商品もきちんと梱包してあって綺麗で気に入りました。(2010.3.15 Y.T様)

>> 続きを読む

慶弔マナーの必需品、冠婚葬祭にふくさの香典返し、法事返礼、法要返礼

ふくさ

慶弔マナー&大人のたしなみ!香典返し、法事・法要返礼品にふくさ
名入れであなただけのオリジナルふくさを制作!海外発送もいたします。

香典返し、法事返礼、法要返礼の品としてふくさが人気です。



弔事の返礼品にふくさ どんなときに?

仏教の弔事
葬儀、通夜の香典返し、法事、法要、仏事の引出物、返礼品

法事・法要は、
  • 法事
  • 初七日
  • 四十九日
  • 納骨
  • 一周忌
  • 新盆
  • 三回忌
  • 七回忌
  • 十三回忌
  • 十七回忌
  • 二十三回忌
  • 二十七回忌
  • 三十三回忌
  • 五十回忌
神道の弔事
通夜祭、神葬祭の返礼品、偲び草、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、十五年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭
キリスト教の弔事
通夜 葬儀の返礼品 追悼式 返礼品

・・・・・・・・・当店でご購入されたお客様の目的は、様々!
ふくさはそれくらい幅の広い贈り物です。

予算に合う! : ご予算に合わせて香典返し 法事・法要返礼品を選べます!
名入れ! : 香典返し 法事・法要返礼品を贈る人の名前を入れれば、パーソナルな贈り物になります。
大量注文! : 香典返し 法事・法要返礼品はもちろん、香典返し 法事・法要返礼品を包む物としても。



Motaiでは、あなたの香典返し、法事・法要返礼品のご用途に合ったギフトを提案します。 ↓

 

予算に合う!
1000円(税別)から
各種取り揃えています。
機能的
お財布式の金封ふくさなど
(不)祝儀袋を
そのままいれられます。
キレイ!
様々な慶弔柄が
施されています。
日本の伝統柄が美しいです!


オリジナル!
名前・ロゴ入れに対応。
記念品・香典返し
法事・法要返礼として
最適ですよ。
外国の方にも!
記念品はもちろん、
記念品を包む物としても。

名入れ 海外送付 5%OFF ラッピング のし 名入れ 海外送付 ラッピング のし
 

motai おすすめのふくさ~価格別

------------------------
------------------------

motai おすすめふくさ~種類別

東京、神宮前の Motai は、法事や香典返しのふくさを通販するお店です。 人気の 正絹飾り結びふくさ など、美しい風呂敷やふくさをセレクトしています。法事や、香典返しとしてご利用いただけます。 ふくさ は、 冠婚葬祭の必需品です。良識ある大人の印です。結婚式の祝儀袋や葬儀、お通夜の不祝儀袋などは、袱紗につつんでお持ちするのが礼儀です。祝儀袋や不祝儀袋 をハダカで差し出すの はマナーに反します。袱紗に差し上げる方の 名前を入れて 香典返しや法事の返礼品にすると、引き物がパーソナルになります。慶弔事の必需品 としていつも使ってもらえます。差し上げる方のイメージに合わせてデザインや色違いのふくさを選ぶ配慮をする方もいらっしゃいます。 法事や香典返しの品としては、 慶弔ふくさ飾り結びふくさ台付ふくさ風呂敷ふくさセット などが人気です。 お気軽にMotaiまでお問い合わせください。


Motai冠婚葬祭マナー辞典 お香典返し 法事・法要の返礼は?より

法事の本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということです。仏法の要点・肝要を知ること。しだいに、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになりました。日本では、今 は主に供養(追善供養)のことを言います。法事はお寺の創立記念や落慶(新しい堂宇の完成記念)や仏像の開眼などの慶事も含みますが、一般的に死者を弔う儀式の事を言います。

葬儀にいただいたお香典の返礼品をお香典返しと言います。お香典返しは、忌明けに遺族が送ることが一般的です。忌明けとは、仏式ならば四十九日の法要後、神式ならば五十日祭を終えた後、キリスト教で は死後一ヶ月後の昇天(召天)記念日のあとのことを言います。お香典返しの金額は、頂いたお香典の3割から5割であることが一般的です。お香典返しは、一律に同じ物を贈ることもあれば、お香典の額に応じて変える場合もあります。お香典返しには、仏式ならば「志」「忌明志」と表書きし、白黒あるいは灰色の結 び切りの水引をかけます。関西地方では、「満中陰志」と表書きし、黄白の水引をかけます。「中陰」とは四十九日のことを意味します。神式では「志」「偲草」「しのび草」と表書きし、白黒あるいは双銀の結び切り水引をかけます。キリスト教式では、「召天記念」(プロテスタント)・「感謝」・「志」と表書き して、水引はかけません。お香典返しには、会葬御礼と忌明けの報告を兼ねた挨拶状を同梱します。挨拶状には故人の戒名を記すこともよくあります。仏式の文中に用いられる「七七日忌」「七七忌」とは四十九日のことを意味します。